キュービクルとは? 「誰でもわかる!かんたんキュービクル解説」

キュービクル式高圧受電設備とは?

キュービクル式高圧受電設備イメージ

キュービクル式高圧受電設備(キュービクル)とは、発電所から変電所を通して送られてくる6,600Vの電気を100Vや200Vに変圧する受電設備を収めた金属製の箱のこと。
キュービクルは、多くの電気を必要とする商業施設や、店舗、工場、オフィスビルなど、様々な施設に設置されている小規模変電所とも言うことが出来ます。

キュービクルは、屋上や駐車場の隅に設置されていて、普段意識することのない設備ですが、発電所から変電所を通して送られてくる6,600Vの電気をそのまま敷地内に引き込む高圧受電契約に必須の重要な施設なのです。

高圧受電契約ってどういうこと?

電気を利用する契約には大きく分けて「高圧受電契約」と「低圧受電契約」の2つの契約方式があります。
電力会社が、発電所で作った電気は、50万ボルト超の高圧送電線を通して、各地の変電所に中継され、鉄道会社や工場、ビル、病院、一般家庭などそれぞれの用途に合わせた電圧に調整されて利用者の元に24時間休み無く送られているのです。

一般家庭や、小規模事業所は、「低圧受電契約」に基づいて電力会社が管理しているトランス(電柱に着いているポリバケツのようなもの)で100Vと200Vに変圧されて届けられます。

一方、50kW以上のたくさんの電気を必要とする事業所では、「高圧受電契約」に基づいて自社で管理を行う受電設備であるキュービクルを用意し、電気をそのまま引き込みます。 高圧受電契約は、電力会社のトランスを通さずに電気を利用するため、安い電気単価で、大量の電気を使用出来るようになる契約方式なのです。

「低圧受電」と「高圧受電」のしくみ

ちょっと整理。高圧受電契約のメリットと重要なポイント

それでは、ここまでの内容を1度整理しましょう。

1.キュービクルとは、自社で管理を行う小規模変電所 2.電気を利用する契約には「高圧受電」 「低圧受電」の2タイプがある 
3.高圧受電契約には、キュービクルが必須 4.高圧受電契約では、一部の電気会社の設備を使用しないため、電気単価が安くなる

キュービクルのことがだいたい理解できたでしょうか?
それでは、続けてキュービクルを利用する際の重要なポイントについても、理解しておく必要があります。

多くの電気を使用するビジネスに欠かすことの出来ないキュービクルは、正しく理解し活用することで、電気料金の削減を実現することができるのですが、高圧の電気を24時間休み無く受電し続ける設備を自社で保有・管理するわけですから、重要な義務が1つ生じることになります。それが、電気事業法で定められているキュービクルの保安点検です。

月次・年次で行うことが定められているキュービクル保安点検を社内の人材で行えない場合、国が定める指定法人への委託が定められていましたが、規制緩和の結果、民間企業の参入が進み、高品質で安価なキュービクル保安点検が広まりつつあります。

民間実績No.1 キュービクルの新設・保安点検、高圧受電契約のご相談窓口

老朽化によるキュービクルの更新相談や、
契約電気容量の変更など、あらゆるご質問にお答えします!

無料相談の受付はこちら

ページトップへ戻る