電気料金削減のヒント

高圧受電契約の電気料金算出方法

電気料金を減らすためには、節電を行い、電力消費量そのものを減らすことが基本ですが、高圧受電契約効率的に年間の電気代を抑えるためには、ちょっとしたコツがあります。
「全社を挙げて節電に努めているのに、電気料金が節約できない!」
そんな悩みを解決するためには、まずは高圧受電契約の電気料金算出法について理解しておきましょう。

左の表を見てわかるとおり、必ず課金される「基本料金」と、使用量に応じてかかる「電気量料金」を足したものが、月々の電気料金になります。
電気量料金は、高圧受電契約によって電気単価が下がることを、キュービクルとは、高圧受電契約のメリットと重要なポイントで解説しましたが、高圧受電契約で電気料金を節約するためには、基本料金を下げることが重要なのです。

あらためて、基本料金の算出基準を見てみると、「契約電力」×「基本料金単価」によって決定することがわかります。基本料金単価は、契約プランによってあらかじめ固定されているので、契約電力を下げられれば、基本料金が安くなります。 つまり、契約電力の割り出し方を理解しているかどうかが、1年間の電気代節約の大きなカギだったのです。

次へ

高圧受電契約ってどういうこと?

この表は、ある事業所の最大デマンド値の推移グラフです。
デマンドとは、「30分間における平均電力(キロワット)」を示す単位ですが、30分間に使った電気の量であり、契約電力を決定する基準として覚えておきましょう。
ここで気付かれた方もいらっしゃるかもしれません。そうです!実は、1年間の電気代の基本料金は、たった30分間の使用量で決まっているのです。

つまり、電気料金の節約という点では、ある夏の午後、たった30分間だけ工場の機械類をフル稼働させながら、空調も最低温度で稼働させてしまったとしたら、毎日こまめに電気を消す、パソコンのディスプレイを消すという省エネへの取り組みを、まったくの無駄にしてしまうのです。

次へ

高圧受電契約のメリットと重要なポイント

30分間の電気の使いすぎを防ぐことが、電気料金削減のコツだと、わかったとしても瞬間的な電気の使いすぎを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか? このような経営者の悩みを解決するためのサービスが、日本テクノが提供する「ESシステム SMARTMETER ERIA」のデマンド監視警報機能です。

デマンド監視警報機能は、常に電気の使用量を監視し、あらかじめ設定しておいたデマンド値を超えそうになった場合に、モニターでのお知らせ、予め指定された連絡先への自動音声通知など、ご希望の方法で、デマンド値の上昇を防ぐお手伝いをします。


※電気料金の削減が可能となる条件は、お客様設備・電力会社との契約内容などによって異なります。
お気軽にお問い合わせください。

ESシステム SMARTMETER ERIA」は、その他にも過去のデマンド値と電気使用量データの閲覧・分析や、電気料金プランの改善シミュレーションを実現するデマンド閲覧サービスや、このデータに基づいた節電コンサルティングも提供しています。

ページトップへ

日本テクノコーポレートサイト

各種お問い合わせはこちら